チェインクロニクル(チェンクロ)をはじめよう

チェンクロで義勇軍となって悪を倒せ

チェンクロは、スマートフォンで楽しめる「RPG」
「チェンクロ」は、チェインクロニクルというスマートフォンゲームの略称です。カード式のRPGで、プレーヤー扮する主人公が義勇軍となり黒の軍勢という魔物たちと戦っていくストーリーになっています。チェンクロの特徴は、とにかくイラストと声優の豪華さです。イラストの美しさとベテラン声優さんたちがおりなすコラボレーションは必見です。

また、義勇軍となる仲間を集めるのもチェンクロの楽しさのひとつです。仲間が増えるごとにストーリーも増えていき、楽しみが広がります。他のプレーヤーの力を借りることもでき、ゲームでも謳っているように「キズナ」が重要な鍵となってきます。バトルの操作も簡単なので、初心者でも手軽に楽しめるようになっています。義勇軍の仲間に限らず、敵キャラも種類豊富で飽きずにずっと続けていけるゲームです。これからチェンクロの様々な情報をお知らせしますので攻略の参考にしてください。

チェンクロはメインストーリーから

チェンクロはメインストーリーから進めましょう
チェンクロのアドバイスとしては、まず始めにメインストーリーから進めることです。このメインストーリーを進めることによって、経験値を手に入れることができます。ガチャがある場所の新しい酒場も登場してくるのです。それから少しづつランクも上がっていき、AP値&PTコストも順調に増やせていけるのです。メインストーリーをクリアすることを中心に4章あたりくらいまで行けば、その時点で十分なチェンクロマスターに仕上がっていることでしょう。でも、そこからが長い長いチェンクロストーリーのはじまりなのです。

チェンクロで辛くなったら育成に励め

「チェンクロはメインストーリーから進めよう」とおすすめしましたが、ゲームを進めていくと敵が強くてどうしても辛くなることがあります。メインストーリーを続けるのにムリが生じるのです。そんな場合は「育成」にシフト変更しましょう。全力でアルカナキャラを育てることに力を注ぐのです。曜日クエストや賢者の塔のエリアなどでアルカナ育成すればいいのです。曜日ごとの育成や、ランクとキャラなどの経験値を稼ぐことに集中し、そのときの自分レベルに合わせてメインストーリーを進めたり、敵が強いなら修行のように育成に励んだりと上手に立ち回って進めるようにしましょう。

チェンクロはキャラクターと物語が中心

チェンクロは物語(ストーリー)が命

チェンクロはキャラクターそれぞれに物語(ストーリー)がある
チェンクロは、登場するキャラクターそれぞれに物語(ストーリー)を持たせています。そして、そのキャラクターの出会いでストーリーをつなげて「チェインストーリー」というものが出現するようになっているのです。ですからキャラクターの数だけストーリーがあると思っていいでしょう。また、キャラクターがどのように成長するかでもそのストーリーが変わっていくもので、結末はいろいろと用意されているようです。ゲームの広がりとしては壮大な物語となっているのです。

チェンクロのキャラクター数がどんどん増えている
チェンクロに登場するキャラクター総勢数が800人を突破したそうです。この800人という数字はすごいことです。ゲームが配信された当時は200人という数字でしたからね。わずかな時間で倍以上に膨れたということはそれだけ人気ということです。人気のおかげで、キャラクターを追加せざる得なかったということではないでしょうか。そして、チェンクロのキャラクターはまだまだ増えるというウワサもあるので、物語がもっともっと深く広くなることが予想されます。まだまだチェンクロは面白くなることでしょう。

チェンクロの戦闘訓練クエスト

このチェンクロには、スペシャルクエストというものがあります。期間限定のイベントとなっています。限定なので早めにクリアすることをおすすめします。このクエストには「戦闘訓練クエスト」というものがありまして、他のものより多くの経験値を貰えるようになっているのです。そして、段階でレベル分けされていて(レベルは、初級、中級、上級、超上級の4段階に分かれています)、難易度レベルが高ければ高いほど獲得経験値も多くなります。経験値を上げたいときに使えるクエストなので積極的に攻めて行きたいイベントです。

チェンクロは無課金で楽しもう

チェンクロの課金はどれくらい楽しめるのか?課金制度があるゲームはどうしても利用したくなるものですね。でも、チェンクロの場合は無課金でも十分に楽しめると思います。ゆっくりストーリーを楽しみながら進めていけば、それなりに楽しめると思います。キャラクターを完全に強くしたいなら課金しなければいけないものですが、別にそれなりに強くていいという方は利用しなくていいのです。時間をかけて育てて楽しめばいいのです。ロールプレイングゲームの醍醐味は、時間をかけてキャラクターを育てるところにあります。イベントなどでラッキーが起こることもありますからね。出来るだけ無課金で楽しみましょう。

チェンクロには様々なキャラクターが登場する

 チェンクロのキャラクターは素晴らしい

チェンクロで遊んでいると感じますが、今時のスマホゲームって高画質ですよね。昔のガラケーと比べてみたら、段違いの歴然とした差があります。このスマホの発達でゲーム業界もキャラクターデザインにチカラを入れているのだと思います。チェンクロに登場するいろんなキャラクター達は、カッコイイ!カワイイ!キレイ!と、ホント他のゲームのキャラクターよりもレベルが高いもので、私は登場する全部のキャラクターを見てみたいと考えているのです。調べたら、配信当初は総勢200人くらいだったキャラクターの数が、今では800人以上はいるとかでマンモス級の登場キャラクター数です。まだまだ増えるかもしれないので、これはキャラクター全部を見るのはムリかな。

 チェンクロの女騎士について

チェンクロは、最果ての「ユグド」を舞台にしたゲームです。突如出現した暗黒の魔物たち「黒の軍勢」による大きな危機を、一人の名もなき戦士になって義勇軍を結成して戦っていきます。チェンクロに登場する仲間は、総勢約800名でそれぞれの出会いや絆、物語を紡いでいくのはプレイヤー次第です。そんなチェンクロの魅力的な仲間の一人が、女騎士です。まおゆうの女騎士で、湖の国の修道院出身の騎士でもあります。昔は勇者とも一緒に旅をしていたそうです。当時の呼び名は「鬼面の騎士」「怪力皇女」などと呼ばれ、怖いイメージの女騎士です。当時は勇者のことが好きだったそうですが、勇者の性格に阻まれて、その思いは届かなかったとか。魔王とは、勇者をめぐる恋のライバル関係ですが同時に良い友人でもあります。そばかすの顔と、ツルぺタなボディを非常に気にしています。

チェンクロの「キキ」が微妙な件

スタメンとして絶対に使用したいという人と、ハズレだわと思う人とそれぞれ分かれるキャラクターですね。私は、残念ながら後者です。キキ自体の炎属性が決まってしまっているのがちっと厄介で、炎属性キャラ出現時には全く役立たずになってしまうのです。まだ高レベルじゃないならば、SSRだしそこそこ使えますが、自分がどの方向に行きたいかによって決まるってことなんでしょうかね。炎系のクエスト時には十分な動きをしてくれます。とはいえ、情がわいているのは確か。だって大事な場面のキーキャラでしたからね。

チェンクロの攻略情報いろいろ

チェンクロパーティーのすすめ

チェンクロのパーティーについて少しアドバイスしたいと思います。ガチャでキャラクターを仲間にしたら、クエストで必要なのでパーティーを組むことになりますよね?キャラクターが選べる職業は、戦士、騎士、魔法使い、弓使い、僧侶の5つの職業で分けられているのですが、ここでの職業選びがこの後のゲームの展開を左右することになります。ですから、職業はなるべく少なめにしてください(必殺技のスキルが有利になるからです)。逆に職業の種類が多いと能力が散らばるので不利になるので気をつけましょう。アドバイスとしては、職業は「戦士(または騎士)、魔法使い(弓使い)、僧侶」のこの3つの職業でパーティーを組んだほうがクエストに十分対応できると思います。

チェンクロは戦略的に楽しめる。

「戦略」を楽しもう。チェンクロは仲間であるキャラクターを操作して遊ぶのですが、それらをどのように使うのかがゲームを支配するコツなのです。接近戦に強いキャラクターを前に出し、体力を回復するキャラクターでカバーするやり方や、遠くの敵をやっつけることに長けているキャラクターを使って自軍に寄せつけない戦い方など、ほんと様々です。キャラクターの得意分野を使い分けて、戦略的に楽しめるのがこのゲームの醍醐味のひとつです。私は全体的にバランスよくチームを組んで仲間全体を育てるやり方が面白いと思います。でも、この「全体を育てる」というのがしんどいのです。

チェンクロは武器と僧侶をマークせよ

チェンクロは、武器をどのように強化するかによって攻略のヒントがあると思います。キャラクター別で装備できる武器も決まっているので、ほとんど使いまわしはできません(戦士は刀、騎士はヤリなどといった感じです)。強力な武器は簡単には手に入らないのは当然で、レア度の高い武器はやっぱり入手困難です(根気よく探しましょうね)。それからチェンクロでは「僧侶」というキャラクターがいるのですが、このキャラクターをどのように扱うか、何人パーティーに入れるかで、今後の冒険に影響してくるのでよく考えて構成することをおすすめします。

「課金システム」は、使わなくても十分楽しめる

チェンクロの課金システムについては、べつに使わなくてもいいと思いますね。チェンクロの課金システムは「酒場ガチャ」となりますが、無理に使用しなくてもゲームを進めることができるので、出来れば使わずに楽しむのがおすすめです。もちろん「レアアイテム」などが欲しい場合は使ってもいいと思います。でも、当たる確立が低いので投資額がかさむ可能性が高いです。このゲームのシステムは初心者には扱いが難しいと思いますが、やり続ければしだいに慣れてくると思うので、こちらもやはり時間が解決してくれることでしょう。

チェンクロに関する様々な情報

精霊石は大事に使うようにしましょう

チェンクロをガチャ無し、無課金で遊ぶ場合の悩みについてお話します。期間限定のイベントで少し迷うことがあると思います。精霊石を必要とするときに、その精霊石がないという場面に遭遇するのです。この精霊石はAPを回復時に使うものでゲームを進める上では必ず必要になるアイテムです。そして、これを使いすぎて手持ちがなかった場合に困り、期間限定イベントを期間内にクリアできないってことが起こるのです。課金を使って精霊石を買えば問題ないのですが、課金しないで遊ぶと決めていると、そこのところで問題が生じ葛藤が自分の中で発生してしまうです。ですから、課金しないで遊ぶと決めている場合は、精霊石を大事に使うようにしましょう。

チェンクロの「凍結」について紹介

チェンクロは、アルカナと呼ばれる仲間を使って自分の陣地を守る「タワーディフェンスバトル」というジャンルのゲームです。自分の陣地を守るということなので、当然対戦相手との戦闘が行われるのですが、チェンクロの戦闘では状態異常と呼ばれる相手にある一定の効果を与えるシステムがあります。その中には「凍結」と呼ばれる相手の行動を一定時間止めることができる状態異常があります。また、凍結に対して耐性を持っているキャラには効果がないので注意が必要です。チェンクロではこのような状態異常はアルカナが使えるスキルの追加効果で利用することができます。状態異常をうまく利用することが、チェンクロで勝利するポイントのひとつとなっております。

チェンクロのリングについて

チェンクロのリングと言えば「フォーチュンリング」の事です。チェンクロでは、ゴールドやアルカナコインと交換をすることができるのです。またAPを回復するアイテムやプレミアムチケットとの交換も可能になります。チェンクロで最初に手に入れるのは「曜日ダンジョン」で手に入れる事が多いです。集める一番の目的はやはりプレミアムチケットとの交換ですね。フォーチュンリング限定の超強力なスキルとアビリティを持ち合わせている、SSRアルカナを手に入れる事ができます。山猫の使いリンセや自由の騎士ディードも手に入れる事ができます。リングを手に入れるためには、R以上のアルカナを売却するか、曜日クエストに挑戦しましょう。またチェインストーリーやメインストーリーのクリア報酬でも手に入れる事ができます。